APPLE VINEGAR - Music Award - 2019

NOMINEES

“「The All」 = 「Poem」”
icon_am icon_spotify
“ài qíng”
icon_am icon_spotify
“AINOU”
icon_am icon_spotify
“Eutopia”
icon_am icon_spotify
“GOLD”
icon_am icon_spotify
“HEX”
icon_am icon_spotify
“MABOROSI WEEKEND”
icon_am icon_spotify
“Silence Will Speak”
icon_am icon_spotify
“Virtual”
icon_am icon_spotify
“なんて素晴らしき世界”
icon_am icon_spotify
“草木萌動”
icon_am icon_spotify
“平成”
icon_am icon_spotify

※Album Titleアルファベット順

『APPLE VINEGAR -Music Award- 』とは

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントマン、後藤正文が2018年に立ち上げた新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞。

文学界での芥川賞を参考に、デビュー・アルバムに限らず、ミュージシャンがそのキャリア初期に発表した作品を評価する仕組みを作り、今後の作品制作をサポートする賞金を贈呈することで若手ミュージシャンを応援できれば、という思いを持ってスタートしました。
同時にリスナーが新しい音楽と出会うきっかけとなれば、という思いも込められています。

設立の経緯を綴った後藤のブログはこちら

昨年(2018年)の第1回APPLE VINEGAR -Music Award-では、2017年に発表されたアルバムから後藤が10作品をセレクト。その後、後藤正文、片寄明人(Great3)、日高央(ザ・スターベムス)、福岡晃子(chatmonchy済)の4名で選考会を行い、3月22日に大賞を決定。
JJJ『HIKARI』が受賞し、JJJさんには、賞金40万円が贈られました。(賞金は後藤が用意した10万に、坂本龍一様から10万円、協賛企業として株式会社トライバルメディアハウスエンターテイメントマーケティングレーベル「Modern Age/モダンエイジ」様から20万円を拠出していただき、合計40万となりました)

第2回となる今年も昨年発表されたアルバムから後藤が12作品をセレクト、選考会を経て、3月下旬の大賞発表を予定しています。選考会と授賞式の模様も、昨年同様APPLE VINEGAR -Music Award-のサイトで詳細にレポートしていきます。
今年も賞金を後藤が10万を用意、坂本龍一様から10万円を拠出していただいております。

APPLE VINEGAR -Music Award-では、アワードの趣旨にご賛同いただける企業様からの協賛を募集しております。
音楽を愛し、一緒に盛り上げていただけるみなさまからのご協力をお待ちしております。
詳細に関しては下記よりお問い合わせください。どうぞ宜しくお願い致します。

企業協賛についてのお問い合わせはこちら
2018